ZIPPO販売とコレクション

〒430-0901静岡県浜松市中区曳馬町6-13-3

ZIIPOライターの使用方法

Zippo ライターの使用方法と手入れ



キャップを開け、風穴が開いている防風ガードを
指でつかみ、*1インサイド・ユニットをゆっくりと
引き抜きます。


インサイド・ユニットの底部にある、フェルト・
パッドをめくり、オイルを注入します。


オイルを注入後、カム(バネ)が下向きにさがって
いることを確認してから、インサイド・ユニットを
ケース内に戻します。


火をつける際は、近くに燃えやすいものがないかを
確認してから、フリント・ホイールを親指で回転させ
着火します。


火がついている状態でキャップを閉め、火を消します。
必ず完全に消火したかを確認します。



倒れているオイル缶の注入口を小さめのマイナス・
ドライバーなどでしっかり立ち上げます。


ライター本体のキャップを開け、インサイド・
ユニットをゆっくりと引き抜きます。


インサイド・ユニット底部にある、フェルト・パッド
をめくります。


オイル缶の注入口を綿にあてがい、ゆっくり
注入します。


オイルが綿に染み出てきたら注入を止めます。
オイルがあふれた場合はティッシュなどで完全に
拭きとってください。


インサイド・ユニットをケース内に戻した後、
キャップを閉じ、ライター表面についたオイルを
ティッシュなどで拭いてください。

注入後は、オイル缶の注入口をしっかり止まるまで
倒し、元に戻してください。



インサイド・ユニット底部のネジをドライバーや
コインで回して外します。


フリント・スプリングを取り出したのち、
摩耗したフリントをチューブから取り出してください。


新しいジッポー社製フリントを1個挿入してください。


フリント・スプリングをチューブに差し込み、
ドライバーやコインで最後までしっかりと
閉めてください。


予備のフリントは、底のフェルト・パッドをめくり、
フェルト・パッドと綿の間に保管すると大変便利です。




インサイド・ユニット底部のネジを、ドライバーや
コインで回し外します。


インサイド・ユニット内部にあるフェルト・パッド、
綿、芯をピンセットなどですべて取り出します。


新しい芯の先端を防風ガード上部から差し込み、
その芯の先端をインサイド・ユニット内部からピンセットなどで引きこみます。
芯の高さは防風ガードよりも少し低い高さにセットします。


インサイド・ユニットに入れる綿は、固まりをほぐし、
芯に絡まるようピンセットなどで詰めてください。


フェルト・パッド、フリント・スプリング、発火石を
元の状態に戻してください。



ライター本体のキャップを開け、インサイド・
ユニットをゆっくりと引き抜きます。


用意した綿棒にジッポー社製純正オイルを染みこませ、
ケース内部とキャップの汚れやススなどをていねいに
落とします。


インサイド・ユニット表面の汚れを布で拭きとります。
ひどい汚れは、布にジッポー社製純正オイルを
染みこませて拭くと落ちやすくなります。


防風ガードの内側、ホイールとフリントの接合部、芯のまわり、
カムの周辺などの汚れやススなどは、ピンセットと綿棒を使って落とします。


最後に、フリントと芯を点検してください。
オイルが完全に蒸発するのを待ってから、
インサイド・ユニットをケース内に戻します。




★注意★
Zippoライターのオイルとフリントは、Zippo社純正品を使用して下さい。
純正品以外の物を使用すると保障対象外になります。