ジッポーライターを使用する注意

| コメント(0) | トラックバック(0)

 新品のZIPPOライターは、使い捨てライターと違って初めからオイルが入っていませんのですぐ使用しようとしても着火しないですが、故障ではないので使用前にはZIPPO専用のオイルを注入して下さい。 オイルを注入したのに着火しないということもございます。これは、いくつか注意していただくことで解消できます。オイル注入後しばらく時間を置いて下さい。ジッポーライターに初めてオイルを注入する際には、綿にオイルが浸み込む速度が遅いので注意して下さい。ジッポーライターの綿にオイルを入れてもウィックと呼ばれるライターの芯に浸透するまで時間がかかるので注意して下さい。ジッポーライターのインサイドケース(ライターの内部ケース)とジッポーライター本体のフィット感が緩い場合は、インサイドユニットの内側を軽くペンチ等で広げて下さいその時にの注意することは、少しずつ様子を見ながら広げて下さい。ジッポーライターを落としたりして形が少しゆがんでしまうことがあります。見た目は分から無い程度でもヒンジ等に問題が生じることがありますので注意が必要です。故障はZippoサービスにて故障を直する必要があります。詳細は、ジッポーサービスのHPにて確認して下さい。

ジッポーライター販売店 Zippo-Street



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zippo-street.com/mtb5/mt-tb.cgi/1373

コメントする

このブログ記事について

このページは、zippoが2018年2月 4日 20:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銅無垢「Solid Copper」2002年製造「2002 production」ZIPPO」です。

次のブログ記事は「ジッポーライター キャメル・エキゾチック・ブレンド・シリーズ「Camel exotic blend series 」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.13-ja